スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
謎は謎のまま
うーむ。

先日、爪の件でパパがらーちゃんを病院に連れて行ってくれました。

結果、
触診異常なし。
レントゲン異常なし。

2つの角度からレントゲンを撮りましたが骨に異常は見つからなかったそうです。

やっぱり原因不明。
爪の切られ過ぎなのかなぁ・・・


試しに今日暴風の中、広場に行って
全力疾走を含め軽く走らせましたが充血も出血もしませんでした。
治った・・・のか??


そのかわり口のあたりを切って出血。
べるとガウったのでその時にやられた・・・のかな?
べるちゃんひっくり返っても激おこのままだから。。
口周りが赤くなって少しホラーならーちゃんになってました。

ちなみに帰宅後、血を拭こうとしたら
『それやだ、怒るよ』と唸られまして。
『そんなの許さん』とNOからのコマンド一式をいれたのですが・・・
ちゃっかりダウンで半伏せされました。
『ごめんなさい』のポーズだけなんですよね。
お顔も耳も納得できないって言ってるし。

まったくママは溜息でちゃうわよ!

IMG1_3259.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


スポンサーサイト
02/15 23:32 | Health/Lavi | CM:2
爪、そして足まで。
画像はまったく関係ありませんがおもちゃで遊ぶらーちゃん。


IMG1_3478.jpg


爪の件。

先日『そのうち収束しそうです』と書いたのですが振り出しに戻りました。
軽く走って大丈夫だったので、翌週ディスクしてみたら10分経たずに出血。
かなりの量だったそうです。
即帰宅後も痛くてうまく歩けず庇いながら。

最後の爪切りから1ヶ月。
もうそろそろ平気かな?と思ったのに・・・

診察からもうすぐ3週間。
繰り返すようだったらまた来てと言われたしもう1度診てもらおうと思います。
レントゲン撮ってもらおう。


IMG1_3515.jpg


そしてもう1つ。
後ろ足について。

ここ1~2ヶ月のことなのですが、時々びっこになるんです。
寝起きや立ち上がったときになるので、
最初は痺れちゃったのかな?と思っていたのですが最近頻度が増してきて。。
パパとも話して絶対おかしいよねという結論になったので後ろ足も診てもらいます。
関節は問題なさそうと言われてるし・・・脱臼とかなのかな?
らーちゃんの手足に何が起きてるんだろう。。

IMG1_3449.jpg




撮影中は気が付かなかったけどこんなお顔してたみたい。
生意気らーちゃん出現。
IMG1_3440.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



01/27 21:19 | Health/Lavi | CM:5
爪、その後
少し前の話なのですが、らーちゃんの爪の出血時の様子がわかりました。

IMG1_3502.jpg


病院へ行った翌日だったかな?
お家の中を走ってたらこうなってました。

ラヴィ爪1

この時は外に出血はしなかったですが、黒い爪が赤に。。

ラヴィ爪2

足裏ぼさぼさなのがバレてしまいますが裏側から・・・

ラヴィ爪3

ただ単に走ったから出血したのか、
硬いところ(フローリング)を走ったから出血したのか・・・
謎ではありますが、先日芝生でかるーく走ってみたところ異常無しでしたので
爪出血事件はそのうち収束しそうです。


それにしても・・・
前のお家は前面カーペットにできましたが今回は難しそうです。
(主にパパの趣向のせいで)
私はらーたちの足腰のためなら見た目は二の次でカーペットを敷き詰めたいのですが。。
なかなかパパのお許しが出る色や物がありません。

現在、らーちゃんたちのトラックコースのうち4分の1ほどがフローリングです。

参考図
らべるコース

簡単にかくとこんな感じで、ドアを開けると全部の部屋がぐるっと繋がるのです。
今回いつのまにかベルも寝室解禁になっていて、
2匹でピンクの線上を走って遊んでます。。まさにトラックコース。
で、そのうちのグレー部分がまだフローリングなのです。
キッチンは結局立入禁止区域にできたのでそこはいいんですが。。
早く何とかしてあげたい今日この頃です。


祝☆寝室デビュー!
IMG1_3493.jpg

ヒト的にはまったく祝ではないのですが。
(むしろママはわんこ立入禁止にしようと・・・)
さっそく羽毛布団がお気に入りです。
よほど気に入ったのか、寒いのに1人で寝室で寝てることが多々。
ついにべるちゃんが独り立ち・・・と嘆いてるパパとママです。


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



01/19 23:52 | Health/Lavi | CM:0
お怪我。
いろいろ書きたいことはあるのですがまずは取り急ぎらーちゃんの怪我から。


毛刈りされました
20150110.jpg



はじまりは大晦日。
パパがラヴィを広場に連れて行ってくれました。
私はお昼から仕事だったのでお留守番。


なーんかやな予感するなーと思っていたらパパから着信。

『ラヴィが怪我した、血がたくさん出てる、びっこひいてる』


一旦家に帰る余裕はありそうだったのですぐに帰ってくるよう伝え
その間にわんこ救急キットを用意し開いてる病院を探す・・・
けどその日は大晦日。どこも休診。

どうしたものかと悩んでいるうちにらーちゃん帰宅。

右前足のつま先が血で赤くなっていたので爪かなーと思いつつ
お風呂で綺麗に洗い流して・・・

パパの話によると、怪我をしたのはボールを追ってスライディングした時の可能性が大。

とりあえず怪我の程度を確認しようとすると、痛いのか嫌がってしまう。
既に血はほぼ止まっていて、折れているようにも見えなかったのですが
ぐらついてる可能性はありそうだったのでやっぱり病院に行きたい。。

ふと思いついて年中無休だったような気がする病院に電話してみると見事診療時間。
前の家の近所のその病院は大嫌いなんですが仕方ない。。


すぐに行って診てもらいましたが、『爪はなんともない』とだけ。
抗生剤だか化膿止めだかの注射をされ更にお薬5日分出されて終了。
(だからこの病院嫌い!)

ちなみに気が立ってるからマズガお願いしようと思ってたのに
らーちゃんしっぽフリフリ。。
なんでママにはムキーなのよ。。


翌日には庇うこともなくなり、今日まで全力疾走NGでお散歩のみの日々。
爪に異常ないらしいし1週間以上過ぎてるし走らせてみよう・・・
と思って広場に行って走ること約10分。
らーちゃん出血・・・。

おーまいが・・・


もう迷わずかかりつけの病院へGO!

ここでも傷口が見つからなくて、毛を刈ってみたけどやっぱり見当たらず。。
先生も首を傾げっぱなし。

・爪は折れてない
・ぐらついてもない
・ヒビもない
・傷口も見当たらない

ただ、爪が随分と削れている。もしかしたらそこから出血したのかも?
だけどそれだったらもっとダラダラと出血するし・・・
ごめんなさいやっぱりわかりません。。

と、言われました。
まさか信頼してるこの先生でも原因不明とは。

繰り返すようだったらレントゲン撮って骨をみてもいいかもしれない、とのこと。


先生のお話を聞いて、私とパパは思い当たりました。
実はラヴィは年末にサロンで爪切りをお願いしました。
もしかしたらその時に切られすぎて、お散歩で削れていった・・・?
問題の爪は黒爪。(ラヴィの爪は2色構成)
まぁプロのトリマーさんに『あ!切り過ぎちゃった!』があるのかわかりませんが。。
でも最近若い子ばっかりだしな・・・

だけど、そうだとしても芝生で走って血が出るものなのでしょうか。
先生も芝生でしか走ってないって言ったら『そうかー・・・』と。。


20150110-1.jpg

こう見ると確かに短すぎる気がしなくもない。
さらに実を言うと左前足の黒爪が妙に長いままなのです。
切り忘れられたのかと思ったのですが
年末の忙しいときにお願いしたし何もいわなかったんですよね。
右で失敗して慎重に行き過ぎた結果でしょうか?
まぁ私の考えすぎだとは思いますが。笑


早く走れるようになるといいなー。
歩き散歩ばっかりじゃカビちゃうよねぇ。




次回予告

我が家のニューアイテム
IMG1_3368.jpg

と、記念撮影するパパの手。



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


01/10 23:06 | Health/Lavi | CM:2
期間限定手作り食。
時は遡り7月下旬の出来事。
またもやギリギリになってからフードを注文したところ次の入荷が少し先になるそうで…
慌てて計ったら到着予定日まで1匹分しかありませんでした。
キャンセルして別のお店で頼もうかとも思ったけどちょうどいいチャンスなので
期間限定、らーちゃん限定、完全手作り食!
やってました。

急に手作りにしたらベルはお腹壊しそうなので慣れてるらーちゃんだけ。

IMG1_2496.jpg


いろいろなサイトやブログを参考にしながら
お肉・野菜・お米などなどを煮込んだりしたんですが
食いつきの良さが半端なかったです。。
(だって私が味見しても薄いだけで普通に美味しかった)
絶対フライングしないらーちゃんが最初は連日フライング。
そのたびにちょっと本気のwaitがかかるので、
らーちゃんプルプルしながらもがんばって待つようになりました。

最初は慣れないため消化が少しいまいち。
できるだけ細かく刻んだつもりだったんですが
少し大きいと葉物とかは姿が確認できることが多々。


フードで毛艶の変化は1日じゃわからないけど
手作りご飯での変化は1日でもわかるそうです。
心なしかラヴィも、ブラッシングさぼったのにツヤツヤしてたような…
気のせいかしら。


今はフードに戻りましたがトッピングとしていろいろ続けています。
お魚なんかもあげてみたり。

ちなみに最近の流行りはきのこ。
毎日与えています。
わんこの体にもいいそうです。
適当にしめじとか舞茸とかえのきとか2種類くらいを煮て刻んで冷蔵保存してます。
そのさい煮汁に栄養がたくさん出てるので捨てずに。


実は当時アイラインが薄くなったような気がして気になっていたのですが
もっとちゃんと勉強してバランスよくできるようになったら
改善されそうな気がしなくもない…っていうか絶対すると思う。。
でも本気でやろうと思ったら不器用な私の場合、片手間でやるのは無理で。。
奥が深すぎてなかなか難しいです。。
絶対有機野菜がーとか言い出す自信がある。。


IMG1_2374.jpg


そんな私が再燃してるのがBARF。

Born and Raw Food=骨と生食
Biologically Appropriate Raw Food=生物学的に適正な生食
Best Aussie Raw Food=オーストラリアの最高の生の食餌

わんこ(にゃんこ)の生食です。

最近はペット用のお肉屋さんなんかもあってお手軽に生肉をあげられますが
それを主食にってなると手間がかかるし頭も必要。。


そこで登場するのがバーフダイエット。
最初のフードジプシーくらいのときに気になっていたんですが
当時の私にはよくわからず…予算もオーバーだったので見送っていました。


お肉と骨に野菜などが混ぜられた生のフードです。
解凍だけしてあげればいいので簡単です。

簡単なのですが…個人的に思うバーフのデメリット。
お値段です。
2匹を完璧にバーフダイエットに切り替えるとなると軽く今の倍に。。
そこまでの経済力はないし、冷凍なので万が一の時に保存できない…
お財布と現実と理想と相談すると、フードと半々くらいにするのが現実的?

などなど思いつつも試すのはもう少し先になりそうです。



るんるんしすぎてパパを素通りしたべるる。
IMG1_2487.jpg

ラヴィもベルもディスクの手渡しは教えてなくて、
ラヴィは戻ってきたときに『ちょうだい』、ベルは『out』で落とします。
どちらもくわえているものを出すことをoutで教えてあるんですが
なぜかラヴィは遊んでるときは教えていない『ちょうだい』のほうが聞くんです。




にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ




08/28 23:51 | Health/Lavi | CM:2
template design by takamu
Copyright © 2006 うぇるこ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。